Bad Religion “Suffer” / バッド・レリジョン『サファー』


Bad Religion “Suffer”

バッド・レリジョン 『サファー』
発売: 1988年9月8日
レーベル: Epitaph (エピタフ)
プロデュース: Jim Mankey (ジム・マンキー)

 カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたパンク・バンド、バッド・レリジョンの3rdアルバム。

 メロディック・ハードコアの創始者と言われることもあるバッド・レリジョンですけど、本作『Suffer』は、現在のメロコアに直接的につながるスタイルを、確立したアルバムと言えます。

 具体的には、伴奏に対して歌のメロディーが乗る、という主従関係ではなく、バンドとボーカルが塊となって駆け抜ける一体感を持っており、なおかつメロディーも、シングアロングが沸き起こるのが、容易に想像できるポップさなんです。

 メロディーがバックの演奏に引っ張られて、メロディー感が希薄になるのではなく、かといって完全にバンドと分離しているわけでもない。しっかりと起伏のあるメロディーでありながら、バンドのスピード感を損なうことなく、ともに疾走していきます。

 例えば2曲目の「1000 More Fools」では、前のめりに転がるバンドのアンサンブルに、曲芸的に乗るようにボーカルが躍動。同曲に関しては、ところどころで導入される、厚みのあるコーラスワークも、実にメロコアらしい空気を醸し出しています。

 「メロコアらしい」というよりも、本作を聴いた少年たちが、やがて自分たちでバンドをやるようになり、ジャンルを形成していったのでしょうね。今、聴くと若干の古さを感じるのは事実ですが、同時に現在のメロコアに繋がる要素が、随所で感じられ、影響力の大きさに驚くばかりです。

 アルバム表題曲でもある、9曲目の「Suffer」は、本作のベスト・トラックと言って良いでしょう。疾走感がありつつ、随所にリズムのフックを持ったバンドのアンサンブルに、切なさを包括したメロディーが重なります。

 メジャーキーで底抜けに明るく突っ走るだけでなく、憂いを持ったところも、バッド・レリジョンの大いなる魅力。

 また、ギタリストのブレット・ガーヴィッツ(Brett Gurewitz)は、エピタフ・レコードの設立者としても有名。いまや世界中にファンを持つ、パンクの大御所レーベルとなったエピタフですが、本作は同レーベルの方向性を、決定づけた作品であるとも言えます。

 本作をバッド・レリジョンの最高傑作に挙げる方もいますが、それも納得のクオリティ。

 ハードコアとメロコアを繋ぎ、現代のメロコアまでの道を示す、資料的価値だけではなく、メロコアの魅力のコアとなるものが、多分に感じられる1作です。

 





Bad Religion “How Could Hell Be Any Worse?” / バッド・レリジョン『ハウ・クッド・ヘル・ビー・エニィ・ワース?』


Bad Religion “How Could Hell Be Any Worse?”

バッド・レリジョン 『ハウ・クッド・ヘル・ビー・エニィ・ワース?』
発売: 1982年1月19日
レーベル: Epitaph (エピタフ)
プロデュース: Jim Mankey (ジム・マンキー)

 1980年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたパンク・バンド、バッド・レリジョンの記念すべき1stアルバム。

 ギタリストのブレット・ガーヴィッツ(Brett Gurewitz)は、いまやパンクの世界的名門レーベルとなった、エピタフ・レコードの設立者。

 同レーベルは、もともとバッド・レリジョンの作品をリリースするために、バンドと同じく1980年に設立されたのであり、もちろん本作『How Could Hell Be Any Worse?』も、エピタフから発売されています。

 メロディック・ハードコア(melodic hardcore)を生み出したバンドの一つに数えられるバッド・レリジョン。

 1980年に結成された彼らのディスコグラフィーは、パンク・ロックからハードコア・パンク、そしてメロコアへと繋がる、ジャンルの歴史そのものと言っても過言ではありません。

 1982年にリリースされた本作で展開されるのは、まだオリジナル・パンクの色も濃く、70年代パンクの音像はそのままに高速化した、ハードコア・パンクです。

 14曲収録で、合計のタイムは30分ほど。もっとも長い曲でも、7曲目「In The Night」の3分25秒。テンポが速く、スピーディーな楽曲が収録されています。

 よくよく考えたら、再生時間が短いからといって、テンポが速いとは限りませんよね。短いけど、テンポが遅い曲というのもあるし。しかし本作に関しては、疾走感あふれるハイテンポの曲ばかりです。

 音圧の高い、より高速な曲に慣れている現代的な耳からすると、サウンドは思ったよりしょぼいし、テンポも速くない、と感じるかもしれません。

 でも、これはラモーンズやピストルズを聴くときにも言えることですが、バンド全体が前につんのめっていくリズム、メロディー感よりエモーションの解放を優先したボーカルには、テンポや音圧を超えたアジテーション効果があります。

 ちなみに2004年にリリースされたリマスター盤には、2枚のEP『Bad Religion』と『Back To The Known』、ハードコア・パンクのコンピレーション作品『Public Service』に収録された、計14曲が追加。合計28曲が収録されています。

 現在、各種サブスクリプションでも、こちらのリマスター版が視聴可能です。

 





Pianos Become The Teeth “Wait For Love” / ピアノズ・ビカム・ザ・ティース『ウェイト・フォー・ラヴ』


Pianos Become The Teeth “Wait For Love”

ピアノズ・ビカム・ザ・ティース 『ウェイト・フォー・ラヴ』
発売: 2018年2月16日
レーベル: Epitaph (エピタフ)
プロデューサー: Will Yip (ウィル・イップ)

 メリーランド州ボルティモア出身のロック・バンド、ピアノズ・ビカム・ザ・ティースの4thアルバム。前作と同じく、パンク系の名門レーベル、エピタフからのリリース。

 ピアノズ・ビカム・ザ・ティースの音楽性の変遷をざっと振り返ると、トップシェルフ(Topshelf)からリリースされた1stと2ndは、疾走感あふれるスクリーモ。

 エピタフへ移籍してリリースされた3rdは、疾走感とボーカルのシャウトは控えめに、アンサンブル重視の音楽を展開。それまでより、叙情性を増したアルバムとなっていました。

 そして、4作目となる本作『Wait For Love』。前作から引き続き、バンドの躍動感のあるアンサンブルと、歌心あふれるボーカルが前面に出たアルバムとなっています。

 ナチュラル・トーンをいかした、穏やかなサウンド・プロダクションを特徴としている点も、前作と共通。本作では、さらにテンポや音数を抑え、アンサンブル志向の音楽を実行しています。

 1曲目「Fake Lighting」のイントロから、ドラムの回転するような立体的なリズムが響き渡り、「直線的なアルバムではないな」と予感させます。その後もギターとベースが、ドラムの細かいリズムと融合し、ゆるやかな躍動感を演出。有機的に各楽器が組み合うアンサンブルは、ポストロック的と言えます。

 2曲目「Charisma」は、トップシェルフ時代の楽曲を連想させる、ややテンポの速い、疾走感のある1曲。とはいえ、ボーカルはシャウトするわけではなく、ギターの歪みもひかえめ。音圧で押し切るというより、流麗なメロディーが前景化されたバランスの曲です。

 5曲目「Bay Of Dreams」は、エフェクト処理されたドラムの音色と、やわらかな電子音が耳に残る、深海を漂うような幻想的な1曲。スローテンポのなかで、ボーカルも流れるようにメロディーを紡いでいきます。

 10曲目「Blue」は、イントロから持続音がおだやかに響き、その後も各楽器がゆったりとしたフレーズを持ち寄りながら、ゆっくりと前進するアンサンブルを構成する1曲。再生時間1:21あたりで、シフトが切り替わり、立体的になるアレンジなど、おだやかなアンサンブルながら、緩急と躍動感があります。空間系エフェクターを用いた、みずみずしいギターの音色をはじめ、音響も魅力的な曲。

 前作で、スクリーモからポストロック的なアプローチへと舵を切ったピアノズ・ビカム・ザ・ティース。本作は、さらに前作の方向性を推し進め、よりテンポや音圧に頼らない音楽を作り上げています。

 各楽器が絡み合うアンサンブルが多かった前作と比較すると、本作はよりテンポを落とし、音響的なアプローチが前面へ。ただ、アンサンブルや音響を重視しつつも、歌が中心に据えられているところは、デビュー以来変わっていません。

 この「歌を大切にしている」という部分も、このバンドの魅力ですね。

 




ディスクレビュー一覧へ移動


Pianos Become The Teeth “Keep You” / ピアノズ・ビカム・ザ・ティース『キープ・ユー』


Pianos Become The Teeth “Keep You”

ピアノズ・ビカム・ザ・ティース 『キープ・ユー』
発売: 2014年10月24日
レーベル: Epitaph (エピタフ)
プロデューサー: Will Yip (ウィル・イップ)

 メリーランド州ボルティモアで結成されたバンド、ピアノズ・ビカム・ザ・ティースの3rdアルバム。

 1stと2ndはマサチューセッツ州発のインディーズ・レーベル、トップシェルフ(Topshelf)からのリリースでしたが、本作からパンク系の名門レーベル、エピタフへと移籍しています。

 エピタフというと、僕はどうしてもパンクやメロコアをイメージしてしまいます。実際、ピアノズ・ビカム・ザ・ティースの音楽性も、エピタフ移籍前の2作は、シャウト気味のボーカルと、疾走感あふれるアンサンブルを特徴とした、スクリーモ色の強いもの。

 しかし、エピタフ移籍1作目となる本作『Keep You』は、叙情性が強く、ポストロック的なアプローチを多分に含んだ1作となっています。

 具体的には、メロディーはシングアロングが起こるような、メジャーキーの突き抜けた明るさではなく、メロウでじっくりと聴かせるような音の動き。テンポも抑えめで、ボーカルもシャウトは使わず、音と言葉を丁寧に紡いでいきます。

 バンドの音作りも、激しく歪んだサウンドは控えめ。ギターはクリーントーンを多用し、各楽器が有機的に絡み合う、ポストロック的アンサンブルを展開しています。

 例えば1曲目の「Ripple Water Shine」では、左右両チャンネルから、それぞれギターの流れるようなフレーズが溢れ出し、絡み合いながらアンサンブルを構成していきます。リズム隊も、随所に引っかかるようなタイミングを挟みながら、立体的にリズムを刻み、バンド全体が生き物のように躍動する1曲。

 3曲目「Lesions」では、ドラムのバウンドするリズムに、ベースとドラムの波のようなフレーズが重なり、レイヤー状に厚みのあるアンサンブルを組み上げていきます。

 8曲目「Traces」では、ドラムの小刻みなリズムに、透明感のある音色のギターが、絡みつくようにフレーズを紡ぎ、ゆるやかな躍動感のある演奏を展開。

 アルバム全体をとおして、前述したとおりディストーションもシャウトも少なく、おだやかなサウンドが主軸。でも、アンサンブルには躍動感があり、ボーカルからも心に秘めたエモーションがじわじわと滲み出す、熱を帯びたアルバムです。

 これまでのスクリーモ要素の強いピアノズ・ビカム・ザ・ティースを期待した人にとっては、少々肩透かしかもしれません。僕もエピタフ移籍と聞いたときから、勝手に今まで以上に音圧と疾走感が増していると思いましたし(笑)

 ただ、これまでもスクリーモやエモ色が濃かったとはいえ、ポスト・ハードコア的な複雑性や、メロウなフレーズも併せ持っていたため、納得できる変化とも言えるでしょう。




ディスクレビュー一覧へ移動


The Higher “It’s Only Natural” / ザ・ハイヤー『イッツ・オンリー・ナチュラル』


The Higher “It’s Only Natural”

ザ・ハイヤー 『イッツ・オンリー・ナチュラル』
発売: 2009年6月23日
レーベル: Epitaph (エピタフ)

 ネヴァダ州ラスベガス出身のエモ・バンド、ザ・ハイヤーの3rdアルバム。

 2008年にギタリストのトム・オークス(Tom Oakes)が脱退。代わりに、バンドのギターテックを務めていた、アンドリュー”ザ・キッド”エヴァンス(Andrew “The Kid” Evans)を後任に迎えています。

 「エモ」というジャンルの範囲は、あまりにも広すぎますけども、ザ・ハイヤーはいわゆる「泣きのメロディー」が音楽の中心に据えられているのは確か。起伏のはっきりしたメロディー、シャウトや裏声を織り交ぜたボーカリゼーションは、非常にエモーショナルです。

 前作『On Fire』では、ファンクやR&Bなどの要素も多分に併せ持っていました。それと比較すると、ややブラック・ミュージックの要素は薄れ、よりモダン・ロック感の増した1作と言えます。

 3曲目「Undertaker」では、アコースティック・ギターをサンプリングして再構築していたり、4曲目「It’s Only Natural」では奇妙なシンセ・サウンドを大体的に使用。7曲目「Play With Fire」でも、ギターをサンプリングで組み立て直したりと、アレンジは直線的なばかりでなく、引き出しの豊富さが伝わるアルバムです。

 前述したとおり、前作に比べればブラック・ミュージック色は薄れているのですが、サンプリングやリズム構造など、手法的には最近のヒップホップやネオソウルを連想させるところがあり、ブラック・ミュージックが好きなんだろうなぁ、と感じさせますね。

 ちなみに12曲目に収録されている「Closer」は、ザ・ハイヤーと同じくラスベガス出身(生まれはアーカンソー州)のR&Bシンガー、ニーヨ(Ne-Yo)のカバー。こんなところからも、バンドのブラック・ミュージックへのリスペクトが伝わります。

 残念ながら、ザ・ハイヤーは2012年で解散。3作目となる本作が、ラスト・アルバムとなってしまいました。




ディスクレビュー一覧へ移動


アメリカのインディーズ・レーベルに所属するバンドのディスクレビュー、レーベル・ガイドなど