Pianos Become The Teeth “Wait For Love” / ピアノズ・ビカム・ザ・ティース『ウェイト・フォー・ラヴ』


Pianos Become The Teeth “Wait For Love”

ピアノズ・ビカム・ザ・ティース 『ウェイト・フォー・ラヴ』
発売: 2018年2月16日
レーベル: Epitaph (エピタフ)
プロデューサー: Will Yip (ウィル・イップ)

 メリーランド州ボルティモア出身のロック・バンド、ピアノズ・ビカム・ザ・ティースの4thアルバム。前作と同じく、パンク系の名門レーベル、エピタフからのリリース。

 ピアノズ・ビカム・ザ・ティースの音楽性の変遷をざっと振り返ると、トップシェルフ(Topshelf)からリリースされた1stと2ndは、疾走感あふれるスクリーモ。

 エピタフへ移籍してリリースされた3rdは、疾走感とボーカルのシャウトは控えめに、アンサンブル重視の音楽を展開。それまでより、叙情性を増したアルバムとなっていました。

 そして、4作目となる本作『Wait For Love』。前作から引き続き、バンドの躍動感のあるアンサンブルと、歌心あふれるボーカルが前面に出たアルバムとなっています。

 ナチュラル・トーンをいかした、穏やかなサウンド・プロダクションを特徴としている点も、前作と共通。本作では、さらにテンポや音数を抑え、アンサンブル志向の音楽を実行しています。

 1曲目「Fake Lighting」のイントロから、ドラムの回転するような立体的なリズムが響き渡り、「直線的なアルバムではないな」と予感させます。その後もギターとベースが、ドラムの細かいリズムと融合し、ゆるやかな躍動感を演出。有機的に各楽器が組み合うアンサンブルは、ポストロック的と言えます。

 2曲目「Charisma」は、トップシェルフ時代の楽曲を連想させる、ややテンポの速い、疾走感のある1曲。とはいえ、ボーカルはシャウトするわけではなく、ギターの歪みもひかえめ。音圧で押し切るというより、流麗なメロディーが前景化されたバランスの曲です。

 5曲目「Bay Of Dreams」は、エフェクト処理されたドラムの音色と、やわらかな電子音が耳に残る、深海を漂うような幻想的な1曲。スローテンポのなかで、ボーカルも流れるようにメロディーを紡いでいきます。

 10曲目「Blue」は、イントロから持続音がおだやかに響き、その後も各楽器がゆったりとしたフレーズを持ち寄りながら、ゆっくりと前進するアンサンブルを構成する1曲。再生時間1:21あたりで、シフトが切り替わり、立体的になるアレンジなど、おだやかなアンサンブルながら、緩急と躍動感があります。空間系エフェクターを用いた、みずみずしいギターの音色をはじめ、音響も魅力的な曲。

 前作で、スクリーモからポストロック的なアプローチへと舵を切ったピアノズ・ビカム・ザ・ティース。本作は、さらに前作の方向性を推し進め、よりテンポや音圧に頼らない音楽を作り上げています。

 各楽器が絡み合うアンサンブルが多かった前作と比較すると、本作はよりテンポを落とし、音響的なアプローチが前面へ。ただ、アンサンブルや音響を重視しつつも、歌が中心に据えられているところは、デビュー以来変わっていません。

 この「歌を大切にしている」という部分も、このバンドの魅力ですね。

 




ディスクレビュー一覧へ移動


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください