Bad Religion “Suffer” / バッド・レリジョン『サファー』


Bad Religion “Suffer”

バッド・レリジョン 『サファー』
発売: 1988年9月8日
レーベル: Epitaph (エピタフ)
プロデュース: Jim Mankey (ジム・マンキー)

 カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたパンク・バンド、バッド・レリジョンの3rdアルバム。

 メロディック・ハードコアの創始者と言われることもあるバッド・レリジョンですけど、本作『Suffer』は、現在のメロコアに直接的につながるスタイルを、確立したアルバムと言えます。

 具体的には、伴奏に対して歌のメロディーが乗る、という主従関係ではなく、バンドとボーカルが塊となって駆け抜ける一体感を持っており、なおかつメロディーも、シングアロングが沸き起こるのが、容易に想像できるポップさなんです。

 メロディーがバックの演奏に引っ張られて、メロディー感が希薄になるのではなく、かといって完全にバンドと分離しているわけでもない。しっかりと起伏のあるメロディーでありながら、バンドのスピード感を損なうことなく、ともに疾走していきます。

 例えば2曲目の「1000 More Fools」では、前のめりに転がるバンドのアンサンブルに、曲芸的に乗るようにボーカルが躍動。同曲に関しては、ところどころで導入される、厚みのあるコーラスワークも、実にメロコアらしい空気を醸し出しています。

 「メロコアらしい」というよりも、本作を聴いた少年たちが、やがて自分たちでバンドをやるようになり、ジャンルを形成していったのでしょうね。今、聴くと若干の古さを感じるのは事実ですが、同時に現在のメロコアに繋がる要素が、随所で感じられ、影響力の大きさに驚くばかりです。

 アルバム表題曲でもある、9曲目の「Suffer」は、本作のベスト・トラックと言って良いでしょう。疾走感がありつつ、随所にリズムのフックを持ったバンドのアンサンブルに、切なさを包括したメロディーが重なります。

 メジャーキーで底抜けに明るく突っ走るだけでなく、憂いを持ったところも、バッド・レリジョンの大いなる魅力。

 また、ギタリストのブレット・ガーヴィッツ(Brett Gurewitz)は、エピタフ・レコードの設立者としても有名。いまや世界中にファンを持つ、パンクの大御所レーベルとなったエピタフですが、本作は同レーベルの方向性を、決定づけた作品であるとも言えます。

 本作をバッド・レリジョンの最高傑作に挙げる方もいますが、それも納得のクオリティ。

 ハードコアとメロコアを繋ぎ、現代のメロコアまでの道を示す、資料的価値だけではなく、メロコアの魅力のコアとなるものが、多分に感じられる1作です。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください