Bad Religion “No Control” / バッド・レリジョン『ノー・コントロール』


Bad Religion “No Control”

バッド・レリジョン 『ノー・コントロール』
発売: 1989年11月2日
レーベル: Epitaph (エピタフ)
プロデュース: Donnell Cameron (ドネル・キャメロン)

 カリフォルニア州ロサンゼルス出身のパンク・バンド、バッド・レリジョンの4thアルバム。

 1980年結成で、1stアルバム『How Could Hell Be Any Worse?』発売は1982年。そして、4作目のアルバムとなる本作『No Control』がリリースされたのは1989年。

 デジタル技術が加速度的に進化し、ちょうどレコードからCDへと、音楽の入れ物が変わった時期とも重なります。

 そんなわけで、バッド・レリジョンのアルバムを、時間軸にそって順番に聴いていくと、音圧が増して、徐々に現代的なサウンドに近づいていくんです。

 70年代のバンドだったり、2000年代以降のバンドだと、ここまでの振り幅はありません。バッド・レリジョンの息の長さと、ちょうど技術の転換期に活動をしていたことを、あらわしているとも言えます。

 これは音楽の質とも、ある程度リンクしていて、パンクからハードコア、初期メロコアから現代的メロコアへと、作品を重ねるごとに変化。

 メロディック・ハードコアの元祖とも言われるバッド・レリジョン。彼らの音楽性の変遷を追うことで、メロコアというジャンルの成り立ちを確認できると言っても、過言ではありません。

 前口上が長くなりましたが、前作『Suffer』から、およそ1年ぶりにリリースされた本作。

 前作は、スピード感重視のハードコア・パンクから、よりメロディアスな要素を持ったメロコアへの、転換点と言えるアルバムでした。本作では、さらに音圧が増し、より現代のメロコアへと近づいた作風になっています。

 3曲目「No Control」は、前のめりに突っ込んでくるバンドのアンサンブルに、流麗なメロディーが乗り、一体感があります。分離するわけではなく、かといって完全に一致するわけではないバランス感覚が、メロコアらしいですね。メロディーが決して疾走感重視の、起伏の少ない動きになっていないという意味です。

 4曲目「Sometimes I Feel Like」もリズムが前のめりで、スピード感あふれる曲なんですけど、メロディーがおざなりにならず、ほどよく音程が上下しています。再生時間0:22あたりなど、定期的に挿入される金属的なサウンドも、直線的なだけでなく、オルタナティヴな魅力を加えています。

 12曲目「I Want Something More」は、わずか50秒足らずで終わる1曲。なのですが、勢いに任せて疾走するだけでなく、曲後半にピタッとブレイクが入るところが、意外性もあり、アクセントになっています。

 バンドの疾走感と、シングアロングしたくなるメロディー。ほどよく歪んだギターをフィーチャーした、サウンド・プロダクション。

 メロコアの定型的な要素が、多分に含まれたアルバムです。前作『Suffer』と共に、このあたりが2000年代以降のメロコアのひとつのひな型になったんだろうな、とさえ感じさせる1作。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください