Bad Religion “Generator” / バッド・レリジョン『ジェネレーター』


Bad Religion “Generator”

バッド・レリジョン 『ジェネレーター』
発売: 1992年3月13日
レーベル: Epitaph (エピタフ)
プロデュース: Donnell Cameron (ドネル・キャメロン)

 カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたパンク・バンド、バッド・レリジョンの6thアルバム。

 リズム構造、歌のメロディーとバンド・アンサンブルの関係性、ボーカルの歌唱法などなど、メロコアのひな型と思われる要素が、いくつも見つかるアルバムです。

 とくにボーカルの歌い方。ちょっと鼻にかかった発声法だとか、シャウトとも美声とも言えない絶妙なバランス感覚だとか、あまり意識することはなかったけど、いかにもメロコア的。やっぱりこのバンドの影響力は大きいんだなと、あらためて感じますね。

 1曲目「Generator」は、回転するようなリズムのイントロから、前のめりに突っ込むリズムへ展開。ボーカルは、バンドに推進力をプラスするように、メロディーを紡いでいきます。

 再生時間0:50あたりからのリズムの切り替えなど、ところどころアヴァンギャルドな香りを持ってるところも魅力。再生時間2:20あたりから始まるギターソロの、声が裏返ったようなサウンドも最高。

 2曲目「Too Much To Ask」は、音質もタイトなら、アンサンブルもタイト。ムダな装飾なく、正確にリズムが組み合った演奏が展開します。

 5曲目「Two Babies In The Dark」では、各楽器が組み合い、ゆるやかに躍動するアンサンブルが展開。イントロと間奏に挿入される、ギターのねじれたフレーズがアクセントになっていて、楽曲の奥行きを増しています。まっすぐに走るだけじゃなくて、こういう意外性のあるアレンジが散在しているのも、このバンドの魅力。

 7曲目「Atomic Garden」は、アクセントが前に置かれ、前のめりに突っ込んでくる1曲。イントロでも聞こえる、ピアノらしき音が耳に残るんですが、クレジットを確認しても、ピアノやキーボードの記載は無し。エフェクターをかけたギターかベースでしょうか。

 10曲目「Chimaera」は、立体的なドラムのイントロから始まり、はずむように躍動する演奏が展開する1曲。波のように揺れるバンドのアンサンブルと、かろやかに動く歌のメロディーが、お互いの推進力となり、曲が進行します。

 前述したとおり、メロコア要素を持ったアルバムであるのは確かですが、それだけにはとどまらない実験的なアレンジも散りばめられています。

 あんまりジャンル名ばかり並べ立てるのもどうかとは思いますが、ポスト・ハードコア的な複雑性も併せ持ったアルバム。

 「メロコア」や「パンク」という言葉に引っ張られて、「どうせ単純なバンドなんでしょ」とスルーするのは、もったいないクオリティです。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください