Bad Religion “How Could Hell Be Any Worse?” / バッド・レリジョン『ハウ・クッド・ヘル・ビー・エニィ・ワース?』


Bad Religion “How Could Hell Be Any Worse?”

バッド・レリジョン 『ハウ・クッド・ヘル・ビー・エニィ・ワース?』
発売: 1982年1月19日
レーベル: Epitaph (エピタフ)
プロデュース: Jim Mankey (ジム・マンキー)

 1980年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたパンク・バンド、バッド・レリジョンの記念すべき1stアルバム。

 ギタリストのブレット・ガーヴィッツ(Brett Gurewitz)は、いまやパンクの世界的名門レーベルとなった、エピタフ・レコードの設立者。

 同レーベルは、もともとバッド・レリジョンの作品をリリースするために、バンドと同じく1980年に設立されたのであり、もちろん本作『How Could Hell Be Any Worse?』も、エピタフから発売されています。

 メロディック・ハードコア(melodic hardcore)を生み出したバンドの一つに数えられるバッド・レリジョン。

 1980年に結成された彼らのディスコグラフィーは、パンク・ロックからハードコア・パンク、そしてメロコアへと繋がる、ジャンルの歴史そのものと言っても過言ではありません。

 1982年にリリースされた本作で展開されるのは、まだオリジナル・パンクの色も濃く、70年代パンクの音像はそのままに高速化した、ハードコア・パンクです。

 14曲収録で、合計のタイムは30分ほど。もっとも長い曲でも、7曲目「In The Night」の3分25秒。テンポが速く、スピーディーな楽曲が収録されています。

 よくよく考えたら、再生時間が短いからといって、テンポが速いとは限りませんよね。短いけど、テンポが遅い曲というのもあるし。しかし本作に関しては、疾走感あふれるハイテンポの曲ばかりです。

 音圧の高い、より高速な曲に慣れている現代的な耳からすると、サウンドは思ったよりしょぼいし、テンポも速くない、と感じるかもしれません。

 でも、これはラモーンズやピストルズを聴くときにも言えることですが、バンド全体が前につんのめっていくリズム、メロディー感よりエモーションの解放を優先したボーカルには、テンポや音圧を超えたアジテーション効果があります。

 ちなみに2004年にリリースされたリマスター盤には、2枚のEP『Bad Religion』と『Back To The Known』、ハードコア・パンクのコンピレーション作品『Public Service』に収録された、計14曲が追加。合計28曲が収録されています。

 現在、各種サブスクリプションでも、こちらのリマスター版が視聴可能です。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください