Beach House “Thank Your Lucky Stars” / ビーチ・ハウス『サンク・ユア・ラッキー・スターズ』


Beach House “Thank Your Lucky Stars”

ビーチ・ハウス 『サンク・ユア・ラッキー・スターズ』
発売: 2015年10月16日
レーベル: Sub Pop (サブ・ポップ)
プロデュース: Chris Coady (クリス・コーディ)

 フランス出身のヴィクトリア・ルグランと、メリーランド州ボルチモア出身のアレックス・スカリーからなる2ピース・バンド、ビーチ・ハウスの6枚目のアルバム。

 柔らかなウィスパーボイスのボーカルを筆頭に、全体のサウンド・プロダクションもソフトで幻想的。音響を前景化させた…というより、ボーカルと全ての楽器が溶け合って、心地よいひとつのハーモニーになったような作品です。

 かといって、全ての曲が類似した金太郎飴的なアルバムかといえば、そうではありません。楽曲ごとに異なる響きを持っていますが、共通した空気がアルバム全体に充満しているということ。

 アンサンブルもビートも認識できるのですが、それ以上に音の響き自体が心地よく、自分も音楽のなかを漂っているような気分になります。

 2曲目「She’s So Lovely」は、ミニマルなドラムのリズムと、アンサンブルの隙間を埋め尽くす、種々のエレクトリックな持続音が心地よい1曲。そのなかに溶け込むように、メロディーを紡ぐ耽美なボーカルは、幻想的かつサイケデリック。

 3曲目の「All Your Yeahs」は、淡々と8分音符を刻むギターとドラムの上で、ボーカルがゆったりとしたテンポで漂う1曲。ドラムとギターが一定のテンポを守り続けていて、トリップ感覚もあります。そのコントラストのためか、再生時間2:37あたりからのシンセと思われるソロが、ひときわメロディアスに感じられます。

 4曲目「One Thing」は、ギターとドラムの音がソリッドで、ビートも強く感じる1曲。ギターをフィーチャーしつつ、エレクトリックな持続音も加えて空間を満たすところは、シューゲイザーのようにも聞こえます。

 7曲目「Elegy To The Void」は、柔らかな音の波が上下に揺れる1曲。ボーカルもその波に乗るように、流れるようなメロディーを歌っています。音響とバンドのアンサンブルが、不可分なほど一体化していて、この演奏にはこのサウンドしかない、という絶妙なバランス。

 ビーチ・ハウスは、ジャンルとしてはドリーム・ポップのフォルダに入れられることが多いのですが、本作もドリーミーなサウンドで満たされたアルバムであると言えます。

 では、本作の「ドリーミーなサウンド」とは、具体的にどのような音が鳴っているのかと言えば、まず輪郭がぼやけた、非常にソフトなサウンド・プロダクションを持っています。その柔らかなサウンドによって、リズムやメロディーよりも、音響が前景化され、音楽の響きに身を委ねる気持ち良さに溢れたアルバムです。

 まさに夢の世界を漂うような音を持った作品だと思います。僕はこのアルバムに没頭すると、トリップしそうにもなりますが(笑)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください