In Tall Buildings “Akinetic” / イン・トール・ビルディングス『アキネティック』


In Tall Buildings “Akinetic”

イン・トール・ビルディングス 『アキネティック』
発売: 2018年3月2日
レーベル: Western Vinyl (ウェスタン・ヴァイナル)

 イリノイ州シカゴを拠点に活動する、エリック・ホール(Erik Hall)によるソロ・プロジェクト、In Tall Buildingsの3rdアルバムです。

 矛盾するような言い回しですが、電子音がフィーチャーされた、ギターポップとでもいうべき音楽が展開されます。全体のサウンド・プロダクションは柔らかく、生まれるグルーヴも緩やか。アンビエントかつリラクシングな音像を持ったアルバムです。

 1曲目の「Beginning To Fade」は、ギターとピアノ、リズム隊が縦に重なり、グルーヴしていく1曲。アコースティック・ギターの音色も効果的に用いられ、柔らかな音像を持った曲です。

 2曲目「Akinetic」は、電子音と思しきサウンドを使ったミニマルなイントロから、少しずつ音が広がっていく展開。再生時間1:07あたりからの電子音が静かに降り注ぐ間奏は、幻想的かつキュート。

 3曲目「Long Way Down」。こちらも音数をかなり絞った、ミニマルなアンサンブルの1曲。電子音とアコースティック・ギターが支え合うように、アンサンブルを構成します。

 4曲目「Overconscious」は、バンド全体がゆったりと歩を進めるようなグルーヴのある1曲。ここまでの3曲と比較すると、リズムの形がはっきりとしています。

 6曲目「Siren Song」は、ドラムとアコースティック・ギターが細かくリズムを刻む、疾走感のある1曲。と言っても、一般的な意味からするとかなり音数は少なく、ミニマルな部類の曲です。

 7曲目「Curtain」は、バウンドするような細かい電子音と、柔らかな持続音が空間を埋めていく、テクノ色の濃いサウンド・プロダクションの1曲。

 音数が絞られたミニマルなアンサンブルが展開されるアルバムです。電子音が多用されていますが、冷たいという印象は無く、アコースティック・ギターやピアノのオーガニックな響きが効果的に配置され、ウォームな耳ざわりの作品になっています。

 音数を絞ることで、音響が前景化する面もありますが、随所にアヴァンギャルドな音やアレンジ、バンドを感じさせるグルーヴ(このグループは実質エリック・ホールのソロ・プロジェクトですが)が散りばめられ、ロック感もにじみ出ています。

 オルタナ・カントリーやポスト・ロックとも違う、「エレクトロニカ的インディーロック」とでもいうべき音楽です。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください