Black Dice “Beaches & Canyons” / ブラック・ダイス『ビーチズ・アンド・キャニオンズ』


Black Dice “Beaches & Canyons”

ブラック・ダイス 『ビーチズ・アンド・キャニオンズ』
発売: 2002年7月29日
レーベル: DFA

 ロードアイランド州プロヴィデンス出身、ニューヨックのブルックリンを拠点に活動するバンド、ブラック・ダイスの1stアルバムです。

 エクスペリメンタル・ロックやノイズ・ロックにカテゴライズされることの多いブラック・ダイス。本作も実験的で、時にノイジー、時にアンビエントなサウンドが鳴り響く1枚です。

 1曲目の「Seabird」から、鳥の鳴き声のような高音と、多種多様なノイズが重なり合い、独特の音空間を作り出します。一般的なヴァース=コーラス形式を備えた楽曲ではなく、そういう意味ではポップではありませんが、再生時間2分を過ぎるあたりから、叩きつけるようなビートが登場するなど、展開はあります。

 2曲目の「Things Will Never Be The Same」は、ノイジーで雑多な1曲目「Seabird」から一変して、アンビエントで穏やかな1曲。波の音のようなノイズが押し寄せては引き、中盤以降はビートが入ってくるなど、こちらの曲もミニマルながら展開があります。しかし、音響を重視した曲であるのも事実。

 3曲目「The Dream Is Going Down」は、イントロから多種多様な音が飛び交います。一般的にはノイズとしか言えない音の数々ですが、音の種類が多く、カラフルな印象の1曲。

 4曲目の「ndless Happiness」は、タイトルのとおり穏やかで、優しいサウンドを持った1曲。いつ耳障りなノイズが飛び出してくるのか、と身構えていると、再生時間5:30ぐらいから、躍動感あふれるいきいきとしたドラムがきます。アンビエントな音とドラムのビートが重なり、これは分かりやすくかっこいい!

 前述したとおり、エクスペリメンタル・ロックやノイズ・ロックに分類されるブラック・ダイス。本作も実験的でノイジーな音に溢れ、一般的な意味では全くポップとは言えません。

 しかし、メロディーを追う、リズムに乗る、というような楽しみ方はできませんが、音響が非常に心地いい部分であったり、行き交うノイズかかっこよかったり、と音楽のむき出しの魅力を感じられる部分があります。

 とはいえ、誰にでもすすめられる作品かというと、やはりそうではなく、ある程度リスナーを選ぶ作品であるのは事実です。ノイズやアヴァンギャルドに属する音楽にしては、ポップだと思います。(なんだか矛盾するようですが…)

 僕はけっこう好き!

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください