Erase Errata “Night Life” / エラス・エラッタ『ナイト・ライフ』


Erase Errata “Night Life”

エラス・エラッタ (イレース・イラータ) 『ナイト・ライフ』
発売: 2006年7月25日
レーベル: Kill Rock Stars (キル・ロック・スターズ)
プロデュース: Chris Woodhouse (クリス・ウッドハウス), Eli Crews (イーライ・クルーズ)

 カリフォルニア州サンフランシスコで結成されたバンド、エラス・エラッタの3rdアルバム。タイトルは「Nightlife」と区切りなく表記されていることもありますが、各種サイトでは「Night Life」の表記が多いようです。

 ジャンル分けが非常に難しいバンドで、ポスト・パンクと言われることもあれば、ノイズ・ロックやエクスペリメンタル・ロックと言われることもあります。

 3枚目となる本作は、マスロックのような複雑なリズムとアンサンブルを持ちながら、歌のある作品としても成立しているアルバムです。全体のサウンド・プロダクションは硬質で、特にギターは鋭く、ドラムにも臨場感があります。

 そんな切れ味抜群のサウンドで、実験性のあるアンサンブルを繰り広げ、ボーカルはエモーションが噴出するように歌います。実験性とロック的なダイナミズムが、高次に融合した作品であると思います。

 1曲目の「Cruising」は、立体的なドラムに、極度に圧縮されたようなサウンドのギターと、ボーカルが絡み合う1曲。サウンド的にもアンサンブルにも、複雑で奇妙な耳ざわりを持っていますが、ボーカルはほどよい軽さを持ち、全体としてはカラフルな印象に仕上がっています。

 4曲目の「Take You」は、叩きつけるような躍動感あふれるドラムに、切れ味鋭いギター、丸みのあるベースがアンサンブルを構成する1曲。ベースの音とフレーズがかわいらしく、全体のバランスを取っています。

 実験的なアレンジと、ノイジーなサウンドを多分に含んではいるのですが、ボーカルや各楽器のちょっとしたフレーズなどで、エッジが立ちすぎず、聴きやすいバランスのアルバムだと思います。

 前述したとおり、どんなジャンルにカテゴライズすべきか難しい作品ですが、マスロックの緻密さと複雑さ、ポスト・パンク的な若干のパーティー感のある歌唱が溶け合っていて、なかなかにかっこいいアルバムです。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください