Born Ruffians “Ruff” / ボーン・ラフィアンズ『ラフ』


Born Ruffians “Ruff”

ボーン・ラフィアンズ 『ラフ』
発売: 2015年10月2日
レーベル: Yep Roc (イェップ・ロック), Paper Bag (ペーパー・バッグ)

 カナダ、オンタリオ州ミッドランド出身のバンド、ボーン・ラフィアンズの4枚目のアルバム。

 1stアルバムと2ndアルバムは、電子音楽を得意とするイギリスのワープ・レコーズ(Warp Records)からのリリースでしたが、3rdアルバムからは、アメリカ・ノースカロライナ州のインディーレーベル、イェップ・ロック(Yep Roc)と、カナダ・オンタリオ州のインディーレーベル、ペーパー・バッグ(Paper Bag)からリリース。

 スコットランドを代表するポストパンク・リバイバル・バンド、フランツ・フェルディナンド(Franz Ferdinand)とのツアー経験もあり、あまり偏見を持って音楽に接するべきではありませんが、ボーン・ラフィアンズの音楽も、ギターをフィーチャーしたポストパンク的なサウンドを持っています。

 ヴィブラートをかける高音ボーカルは、ほどよい軽さを持っており、ポストパンク的なサウンドとも相まって、パーティー感のある耳ざわり。しかし、それ以上にバンドに躍動感があり、アンサンブルもしっかりと楽しめるアルバムです。

 収録される楽曲群とアレンジも多種多様。アンサンブルは、アヴァンギャルドだけどポップ。そして、親しみやすいメロディーが、アレンジの実験性を中和して、カラフルでポップな印象を強めているなと思います。実験性と大衆性のバランスが絶妙です。

 1曲目「Don’t Live Up」は、音が弾んでいくような、軽やかでいきいきとした1曲。裏声を用いたボーカルも耳に残ります。再生時間0:27あたりのギターの速弾きがアクセント。

 2曲目「 Stupid Dream」は、イントロ部で左チャンネルから聞こえる、打ちつけるようなドラム(エフェクトのかかったタム?)が立体的に響きます。ギターの小気味よいリズムと、軽い感じの裏声を使ったボーカルが、楽曲をよりカラフルに。

 3曲目「Yawn Tears」は、ギター、ベース、ドラムが立体的に絡まる有機的なアンサンブル。ゆったりと、しかし随所にフックを置いた演奏が展開していきますが、再生時間1:04あたりからはシフトが切り替わり、流れるようなアンサンブルに。

 5曲目「When Things Get Pointless I Roll Away」は、厚みのあるアコースティック・ギターの響きに、開放的なコーラスワークが合わさる1曲。全体としてはカラフルでかろやな印象の曲ですが、低音の効いたリズム隊が奥行きをプラスしています。

 6曲目の「& On & On & On」は、伸びやかなボーカルと、緩やかに前進していくアンサンブルが心地よい1曲。タイトルのとおり「On」を繰り返す歌詞も耳に残ります。この曲が、個人的にはこのアルバムのベスト・トラック。ギターとボーカル、リズム隊が追いかけっこのように、多層的に折り重なって、なおかつグルーヴ感にも溢れ、音楽のフックがいくつもあり、聴いていて本当に楽しい曲です。

 8曲目「 (Eat Shit) We Did It」は、ファルセットを多用するボーカルが、この曲では低音域を効果的に用いています。緩やかかなグルーヴ感を持ち、コンパクトにまとまったギターロック的なアンサンブルも心地よい。再生時間0:48あたりの右チャンネルから聞こえるハンド・クラップのような音であるとか、この曲に限らず、アルバムを通して立体的なサウンドを構築しています。

 10曲目「Let Me Get It Out」は、エフェクトがかけられファニーな音色のギターとベースをバックに、やや軽くポップなボーカルがメロディーを歌い上げていきます。再生時間1:18あたりからの部分など、演奏の盛り上がりと比例して、ボーカルも感情的に声を絞り出し、メリハリと躍動感のある1曲。

 11曲目「Shade To Shade」は、ゆったりしたテンポに乗せて、エフェクトをかけられ震えるようなギターの上に、高音ボーカルがエモーショナルにメロディーを紡いでいく1曲。空間系エフェクターを使用したギターのサウンドから、サイケデリックな雰囲気も漂います。

 ボーカルとギターの音をはじめとして、全体のサウンド・プロダクションとしては、いわゆるポストパンク・リバイバルやダンス・パンクの範疇に入ると言っていいでしょう。しかし、ダンス要素もありつつ、直線的なビートだけでなく、アンサンブルにも聞きどころが非常に多い1枚です。

 ちなみに当初は11曲収録でしたが、配信で販売されている「Deluxe Version」にはボーナス・トラックが4曲追加され、15曲収録となっています。

 一般的には、1stアルバムの評価が高く、その後のアルバムはあまり評価されない傾向にあるようですが、個人的にはとても優れたアルバムを作り続けているバンドだと思ってます。あえて悪いところを挙げるなら、1stからあまり音楽性の変化や上積みがないです。しかし、常に一定以上のクオリティを保っているのは確かですよ!

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください