Archer Prewitt “Three” / アーチャー・プレヴィット『スリー』


Archer Prewitt “Three”

アーチャー・プレヴィット 『スリー』
発売: 2002年6月4日
レーベル: Thrill Jockey (スリル・ジョッキー)

 カクテルズ(The Coctails)とザ・シー・アンド・ケイク(The Sea and Cake)のメンバーとしても知られる、アーチャー・プレヴィットの3作目。出身はケンタッキー州ですが、主にシカゴのシーンで活動しています。ちなみに、彼は漫画家(cartoonist)としても活動しており、1992年から「Sof’ Boy」という作品を発表。

 「オーガニックな」という形容詞を使いたくなるぐらい、ナチュラルでシンプルな音で構成されるアルバムです。しかし、サウンド・プロダクションとアンサンブルは、ルーツ・ミュージック的な意味でのカントリーやフォークとは違う、モダンな雰囲気。どちらかと言うと、ギターポップに近い耳ざわりの作品です。

 クリーン・トーンを基本にしながら、こだわりが感じられるギターのサウンドとフレーズ、シンセサイザーだと思われる電子音の使い方が、このアルバムをカラフルな印象にしているのだろうと思います。一聴するとシンプルなのに、それぞれの素材は丁寧に吟味し、組み上げられていることが随所に窺えます。

1曲目の「Over The Line」では、イントロからゆらめくようなギターのフレーズに、押し寄せる波のようにバンドが続き、グルーヴが形成されていきます。

 2曲目の「Tear Me All Away」はテンポを上げ、このアルバムの中ではラウドなサウンドの1曲ですが、牧歌的で暖かみのあるボーカルと、緩やかに体を揺らすグルーヴが心地よく、「うるさい」という感じはありません。

 5曲目の「I’m Coming Over」は、ギター、ベース、ピアノがそれぞれ違うことをやりながら、重なり合い、グルーヴが形成されていく心地よい1曲。

 13曲目「The Race」は、流れるようなギター・フレーズと、歌のメロディーが絡み合う、美しい1曲。音数の少ないアンサンブルですが、シンセサイザーと思われる電子音が、ヴェールのように優しく全体を覆いこみ、スカスカな印象はありません。

 サウンド・プロダクションもアンサンブルも、ナチュラルかつ優しく、聴いていると、ある晴れた春の日にピクニックをしているような気分になれるアルバムです。ピアノやストリングスやフルートなど、多くの楽器が使用されていますが、それぞれ適材適所で使いすぎるところが全くありません。

 各楽器のサウンド自体もそうですが、オーバー・プロデュースにならず、素材の良さを生かして、丁寧にアンサンブを作り上げているところが、この作品の魅力です。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください