Big Black “Songs About Fucking” / ビッグ・ブラック『ソングス・アバウト・ファッキング』


Big Black “Songs About Fucking”

ビッグ・ブラック 『ソングス・アバウト・ファッキング』
発売: 1987年9月10日
レーベル: Touch And Go (タッチ・アンド・ゴー)

 現在はプロデューサー(レコーディング・エンジニア)として有名なスティーヴ・アルビニ(Steve Albini)が、1981年に結成したバンド、ビッグ・ブラック。本作はビッグ・ブラックの2ndアルバムです。

 ビッグ・ブラックにはドラマーがおらず、代わりに「E-mu Drumulator」というドラム・マシーンを使用しています。ドラム・マシーンがリズムを刻み、ベースが下を支え、その上を2本のギターが暴れまわるというのが、このバンドの基本構成。本作『Songs About Fucking』でも、画一的なドラムのビートの上を、金属的なサウンドの歪んだギターが、存分に暴れます。

 前述したように、現在ではプロデューサーとして有名なスティーヴ・アルビニ。彼がレコーディングするサウンドは、「スタジオの空気まで録音する」と評されることがありますが、本作のサウンドも無駄をそぎ落とし、ナイフのような鋭さがあります。

 1曲目「The Power Of Independent Trucking」から、フルスロットルの演奏が展開します。激しく歪みながら、無駄な倍音はそぎ落としたような、耳障りなギター。金属的なキーンとした響きが、耳に突き刺さります。

 2曲目「The Model」は、ややテンポを落とすことで、下品に歪んだ(褒め言葉です)ギターのサウンドをじっくりと堪能できます。本当に耳障りで、いわゆるハードロック的な重厚な歪みとは、一線を画したサウンド。

 4曲目「L Dopa」は、アップテンポの1曲。2本のギターが、溶け合いながら疾走します。6曲目「Colombian Necktie」も、なにがなんだかわからないぐらい歪んだギターのサウンドが、脳を揺さぶるような1曲。

 8曲目「Ergot」は、イントロから高音が耳障りに響く1曲。静と動を無理やりに行き来するような展開も素晴らしい。

 14曲目に収録されている「He’s A Whore」は、チープ・トリック(Cheap Trick)のカバー曲。レコード時代には未収録でしたが、CD化に際して追加収録されています。

 21世紀を迎えた現在のサウンドから比較すると、ドラム・マシーンのサウンドはチープに響きます。しかし、チープなサウンドの上をジャンクでノイジーなギターが暴れまわるバランスが、一度ハマると抜け出せなくなります。ジャンクで高カロリーなラーメンにハマる感覚と、近いかもしれません。

 僕自身は、ビッグ・ブラックは全くリアルタイムな世代じゃないのですが、それでもハマったので、時代を超えた普遍的魅力を、このアルバムは持っていると思います。ただ、誰にでもオススメできるかって言うと、そうでもないのが事実。

 一部に人には必ず刺さりますし、潜在的にはこの種の音楽を気にいる人って、もっといると思いますので、少しでも気になったら、ぜひとも聴いてみてください!

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください