Superchunk “Superchunk” / スーパーチャンク『スーパーチャンク』


Superchunk “Superchunk”

スーパーチャンク 『スーパーチャンク』
発売: 1990年9月25日
レーベル: Matador (マタドール)

 ノースカロライナ州チャペルヒル出身のバンド、スーパーチャンクのデビュー・アルバムです。

 「音圧が高い」というのとはちょっと違った、しかし迫力と臨場感のあるサウンドを持ったアルバムです。特に印象的なのが、ギターのサウンド。圧倒的にパワフルなわけでも、耳をつんざくほど鋭いわけでもないのに、心地よく鼓膜を揺らし、クセになります。

 アルバム全体にみずみずしい感性が溢れ、1stアルバムらしい初期衝動を閉じ込めたような空気もあり、ロックの魅力が凝縮された1作だと思います。

 1曲目の「Sick To Move」。各楽器の音を分離して認識できるものの、やや輪郭の丸い一体感のあるイントロです。しかし、再生時間0:23あたりで輪郭のくっきりしたサウンドになり、テンポもアップ。冒頭からリスナーの耳をつかむ展開です。その後も各楽器が前のめりに突っ走る、疾走感あふれる1曲。

 2曲目「My Noise」は、音圧が高いというのとはちょっと違う、厚みのあるギターのサウンドが、空間を埋め尽くします。ドンシャリではなく、全音域が分厚く、倍音豊かなサウンド。

 6曲目の「Slack Motherfucker」は、イントロから、前のめりな疾走感に溢れた1曲。若々しく青春を感じるボーカルの声と、コーラスワークも素晴らしい。ちなみにピッチフォーク(Pitchfork)選出の1990年代のベスト・ソングで、第81位に選ばれています。すごいのか、すごくないのか、リアクションに困る順位ですが(笑)

 7曲目「Binding」は、バンド全体がバウンドするような、躍動感と一体感のある1曲。ややルーズな雰囲気を持った、コーラスのハーモニーも絶妙。

 前述したとおりギターの音色が良い、ボーカルの声とコーラスワークも良い、全体のアンサンブルの一体感も良いアルバム。

 テクニックをひけらかすのではなく、圧倒的な轟音で押し流すのでもない、しかし躍動感と迫力のあるバンド・サウンドを響かせています。ボーカルの声を筆頭に、各楽器のサウンドから、若さとみずみずしさが溢れています。

 スーパーチャンクはこのアルバムに限らず、アレンジもサウンドも、オーバー・プロデュースにならないところが魅力だと思います。デビュー・アルバムである本作も、スーパーチャンク最高!と思わせてくれる1枚。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください