The Jesus Lizard “Liar” / ジーザス・リザード『ライアー』


The Jesus Lizard “Liar”

ジーザス・リザード 『ライアー』
発売: 1992年10月10日
レーベル: Touch And Go (タッチ・アンド・ゴー)
プロデュース: Steve Albini (スティーヴ・アルビニ)

 テキサス州オースティン出身のバンド、ジーザス・リザードの3rdアルバムです。レコーディング・エンジニアを務めるのは、1stと2ndから引き続きスティーヴ・アルビニ。

 下品でジャンクなサウンドと、変態的なアレンジ。しかし、アンサンブルの構成と各楽器の演奏には、圧倒的な知性とスキルを感じるバンド、それがジーザス・リザードです。本作『Liar』でも、過去2作に引き続いて、ノイズと知性が同居した、すばらしい音楽を聴くことができます

 1曲目「Boilermaker」は、イントロからバンドが塊となって押し寄せるような、疾走感と圧を感じる1曲。単純に音圧が高いのとは違う、生々しく、臨場感のあるサウンドが、聴き手に迫りくる圧を演出しているのだと思います。

 倍音たっぷりに厚みのあるディストーション・サウンドを響かせるギター。野太くもタイトな引き締まった音のベース。スタジオの空気まで感じるぐらい臨場感のあるドラム、とすべての楽器の音がかっこいいです。さらに、そのバンドの上にのるボーカルも、ジャンクな雰囲気をプラスしています。

 2曲目「Gladiator」は、空気の揺れを感じるぐらいにパワフルで堅いサウンドのベースと、1曲目に引き続いてリアルな音像のドラムが、イントロから響きます。シンバルの音が、叩いた強さや、残響音まで分かるぐらいにリアル。

 うめくような、叫ぶようなボーカルも、タイトなバンドの音とアンサンブルとマッチしています。なかなか言語化が難しいところですが、メロディアスではなく、かといってラップやスポークン・ワードでも、パンク的なシャウトでもないデイビット・ヨウ(David Yow)のボーカリゼーションは、大変に個性的だと思います。なおかつ、このバンドにはこの声しかない!というぐらい相性がいい。

 5曲目「Puss」は、空間を切り裂くような金属的なサウンドのギターが、イントロから暴れまわる1曲。エモーションを嘔吐物のように吐き出すボーカルも素晴らしい。

 9曲目「Zachariah」は、スローテンポにのせて、各楽器がタメをたっぷり作り、滞留的な空気を作る1曲。再生時間0:37あたりからの、時空が歪んでいるかのようなギターのサウンドが気持ちいい。

 彼らの特異性は、この曲のようにテンポを落とした時にこそ際立つのではないかと思います。再生時間3:17あたりからの、突然の加速もコントラストが鮮烈。

 過去2作の魅力はそのままに、さらに変幻自在なサウンドとアレンジを聴かせてくれるアルバムです。サウンドはアルビニ印といいますか、安定して生々しい臨場感あふれる音に仕上がっています。バンドの音作りに関しては、過去2作より本作は音が太く、重厚なサウンドを志向しているように思います。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください