The Jesus Lizard “Down” / ジーザス・リザード『ダウン』


The Jesus Lizard “Down”

ジーザス・リザード 『ダウン』
発売: 1994年8月26日
レーベル: Touch And Go (タッチ・アンド・ゴー)
プロデュース: Steve Albini (スティーヴ・アルビニ)

 テキサス州オースティン出身のバンド、ジーザス・リザードの4枚目のスタジオ・アルバム。本作を最後に、ジーザス・リザードはTouch And Goを離れ、メジャーのキャピトル・レコード(Capitol Records)へ移籍します。

 同時に、1stアルバムから本作までレコーディング・エンジニアを務めてきた、スティーヴ・アルビニとの関係も終了。本作がアルビニ録音による、ジーザス・リザード最後のアルバムでもあります。

 メジャーに移籍してからの作品も悪くはないのですが、やはり彼らの魅力はTouch And Goからリリースされた作品の方に、より色濃く出ていると思います。本作『Down』も、無駄を削ぎ落とした生々しいサウンドと、タイトで変態的なアンサンブルが、存分に堪能できる名盤です。

 ジャンクで下品なサウンドやアレンジが散りばめられるところも、彼らの魅力のひとつですが、本作では各楽器のサウンドはソリッドな響きを優先し、代わりに技巧をこらしたアンサンブルを前景化している印象を受けます。

 1曲目の「Fly On The Wall」から、全ての楽器がドライで、生々しい音像をともなって響きます。ミドル・テンポにのせて、各楽器が尾を引くようにタメをたっぷりとった演奏を展開する1曲。

 2曲目の「Mistletoe」は、各楽器が絡み合い、足がもつれつつも駆け抜けていくような、複雑なアンサンブル。サウンドも立体的で、音が四方八方から飛んできます。加速しそうで、させてくれない絶妙のバランス。再生時間1:12あたりからの金属的なサウンドのギターも、良いアクセントになっています。

 5曲目「The Associate」は、はずむように叩きつけるドラムのフェード・インから、曲がスタート。トライバルな雰囲気を醸し出すドラム、硬質なサウンドのベース、ジグザグに音を移動するようなギターと、無国籍でジャンル不明なアンサンブルを編み上げていきます。ジャズからの影響も感じさせる1曲。

 7曲目の「Low Rider」は、メトロノームのように正確でタイトなドラムと、空気まで揺らすようなベースのビブラート。その上にギターがのる、ほぼインストの曲。

 9曲目の「American BB」は、歯車がキッカリかみ合った機械のように緻密なアンサンブル。でありながら、随所に意図的にラフな要素が散りばめられ、さながら壊れかけの機械のような1曲。ジャンクな雰囲気と、緻密なアンサンブルが共存するジーザス・リザードらしい曲と言えます。2分20秒弱しかない曲ですが、非常に濃密。

 前述したように、Touch And Goでの、そしてアルビニがプロデュースする最後の作品です。各楽器の音質は、ここまで4作の中でも最も飾り気が少なく、全体のサウンド・プロダクションも殺伐とした雰囲気すら感じるほどにタイト。

 そんな贅肉を極限まで絞り込むようなストイックなサウンドで、複雑怪奇なアンサンブルが展開される本作は、間違いなく名盤。これも前述しましたが、Capitolに移籍してからの2枚のアルバムも悪くはないですが、本当に魅力が半減…いや、それ以下です。…と、自分で書いてから聴き直してみましたが、Capitolの2枚も意外と良いかも(笑)

 ジーザス・リザードを聴くなら、Touch And Go在籍時の作品を選ぶようにしましょう!

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください