David Grubbs “A Guess At The Riddle” / デイヴィッド・グラブス『ア・ゲス・アット・ザ・リドル』


David Grubbs “A Guess At The Riddle”

デイヴィッド・グラブス 『ア・ゲス・アット・ザ・リドル』
発売: 2004年6月22日
レーベル: Drag City (ドラッグ・シティ)

 イリノイ州シカゴ出身のミュージシャン、デイヴィッド・グラブスのソロ・アルバムです。この方は実に多作で、多くのレーベルから様々な作品をリリースしているので、もはやソロ何作目と数えるべきなのか分かりません…笑

 本作『A Guess At The Riddle』は、アメリカ国内ではドラッグ・シティ、イギリスではファットキャット(FatCat Records)からリリースされています。

 楽器の種類、音色の多彩さが増し、バンド感溢れる1作に仕上がっています。ナチュラルなサウンドを持った生楽器を主軸にしながら、全体のアンサンブルとサウンド・プロダクションは、非常に色鮮やか。

 デイヴィッド・グラブスの作品のなかでも、最もソリッドなバンド・サウンドを持ち、ロック色の強いアルバムだと思います。

 マイス・パレードのアダム・ピアースや、ギリシャ出身のチェリストのニコス・ヴェリオティス、サンフランシスコ出身の電子音楽デュオ、マトモスなどがゲスト参加しています。

 1曲目「Knight Errant」は、イントロからほどよく歪んだクランチ気味のギター、タイトなドラムが緩やかにグルーヴしていく1曲。デイヴィッドのボーカルも、いつになく感情的でメロディアス。

 2曲目「A Cold Apple」は、流れるようなギターのフレーズに、「カツカツカツ…」と小気味よくリズムを刻むドラムが絡むイントロから、緩やかに疾走感のあるアンサンブルが展開されます。

 4曲目「Magnificence As Such」は、ギター、ドラム、チェロ、オルガンが溶け合うアンサンブルが心地いい1曲。再生時間1:07あたりからの歌が前景化されるアレンジも、穏やかで耳に残ります。

 7曲目「You’ll Never Tame Me」は、アルバム全体のオーガニックな雰囲気とは異なり、アンビエントやエレクトロニカを感じさせる音響を持った1曲。

 8曲目「Your Neck In The Woods」は、音数を絞ったピアノとドラムが、緊張感を演出する1曲。どこか殺伐とした雰囲気を持ちながら、同時にノスタルジックな空気も漂います。

 11曲目「Hurricane Season」は、8分を超える大曲です。波のように揺れるピアノに、シンバルを多用し細かくリズムを刻むドラムが、グルーヴ感を出しながら加速していきます。

 生楽器を中心にカントリー的なサウンドを持ちながら、現代的な雰囲気も色濃い作品です。また、前述したとおりバンド感が強く、グルーヴに溢れた1作でもあります。

 デイヴィッド・グラブスの作品は、時に実験的で敷居が高いと思われるものもありますが、本作は彼の作品の中でもロックでポップで、単純にかっこよく、個人的にもオススメしたいアルバムです。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください