No Joy “Ghost Blonde” / ノー・ジョイ『ゴースト・ブロンド』


No Joy “Ghost Blonde”

ノー・ジョイ 『ゴースト・ブロンド』
発売: 2010年11月16日
レーベル: Mexican Summer (メキシカン・サマー)

 カナダのモントリオール出身のシューゲイザー・バンド、ノー・ジョイの1stアルバムです。

 囁くような耽美なボーカルと、歌メロもバンドのサウンドに埋もれ、一体となったバランスは、まさにシューゲイザーと言えます。

 ディストーション・ギターやフィードバック・ノイズが活躍するアルバムであるのは確かですが、ギターの音作りには各弦の響きまで確認できるものも多く、バンドのアンサンブルも丁寧に作り上げられている作品です。

 1曲目の「Mediumship」では、イントロから歪んだギターの音と、フィードバックが鳴り響き、その奥から流れるような歌メロが聴こえてきます。ノイジーなギターと、美しいメロディー。アルバム冒頭から、シューゲイザーらしい1曲です。

 2曲目の「Heedless」も、ギターのフィードバックが鳴り響くイントロから始まり、その後は複数のギターが空間を埋め尽くす1曲。コードを弾くリズム・ギターは、歪んではいますが、そこまで深くエフェクターはかかっておらず、何を弾いているのか聞き取りやすい音色です。

 4曲目「You Girls Smoke Cigarettes?」は、リズム隊が力強く、疾走感のある1曲。ギターよりも、硬い音質のベースが前面に出てくるアレンジです。

 5曲目「Pacific Pride」は、アンビエントな雰囲気のイントロから、緩やかにグルーヴする軽快な曲が展開されます。イントロで聴こえた持続音は、その後も鳴り続け、ヴェールのように楽曲を包み込みます。

 6曲目は「Hawaii」。タイトルからの先入観を抜きにしても、ザ・ベンチャーズのようなサーフ・ミュージックを彷彿とさせるイントロから始まります。楽曲もサーフ・ミュージック特有のノリの良さがあります。しかし、高音のノイジーなギターが鳴り響き、全体のサウンドはシューゲイザー的なもの。

 9曲目「Untitled」。歌なし、1分ちょっとのインタールード的な曲ですが、空間系エフェクトのかかったギターが、自由にはずむような開放感のある1曲で、アルバムのなかで良いアクセントになっています。

 囁き系のボーカルと、歌もバンドの一部に溶け込んだサウンド・プロダクションは、シューゲイザーらしいと言えます。しかし、曲によってはエフェクター控えめで原音を認識できる音作りのギターも多く、バンドの躍動感も大切にしている作品だと思います。

 サーフ・ミュージックやガレージ、エレクトロニカを感じさせる要素も散りばめられ、カラフルな印象を持ったアルバムです。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください