Slint “Spiderland” / スリント『スパイダーランド』


Slint “Spiderland”

スリント 『スパイダーランド』
発売: 1991年3月27日
レーベル: Touch And Go (タッチ・アンド・ゴー)
プロデュース: Brian Paulson (ブライアン・ポールソン)

 ケンタッキー州ルイヴィル出身のバンド、スリントの2ndアルバムです。前作はスティーヴ・アルビニ(Steve Albini)がプロデュースを担当していましたが、今作はブライアン・ポールソン(Brian Paulson)が担当。

 前作『Tweez』に比べると、攻撃性とノイズは控えめに、アンサンブル志向の高まった今作。激しく歪んだギターをはじめとして、アグレッシブなサウンドが全面に出た前作と比べ、静と動のコントラスト、音数を絞ったうえでの緊張感の演出など、バンドのアンサンブルが確実に向上していることを感じさせる1枚です。

 反復を繰り返すフレーズや、幾何学的とも言えるギターの構成など、のちのマスロック・バンドへの影響力の強さを感じさせる要素も、色濃くあります。

 1曲目は「Breadcrumb Trail」。ハーモニクスを多用したギターを中心に、各楽器が絡み合うようにアンサンブルを形成していくのは、まさにポストロックの原型と言えます。再生時間1:23あたりから、堰を切ったようにディストーション・ギターが押し寄せる展開とコントラストも鮮烈。

 2曲目「Nosferatu Man」は、不協和を感じさせるコードと、ピッキングハーモニクスのように耳障りなギターが溶け合う、不穏な空気の1曲。独特の重さを持った1曲ですが、いわゆるハードロック的な重厚なサウンドというのではなく、バンドの音全体に沈み込むような重さを感じます。

 4曲目「Washer」は8分を超える大曲。ギターの歪みによるダイナミズムに頼ることなく、アンサンブルによって緊張感とコントラストを演出した1曲。再生時間6:48あたりから、満を持してノイズギターの嵐が訪れます。

 ラストの6曲目「Good Morning, Captain」は、クリーン・トーンのギターと、轟音ギターが交互にあらわれ、コントラストの鮮やかな1曲。独り言をつぶやくようなボーカルも、不穏な空気を醸し出します。

 前述したように、前作『Tweez』と比べえると暴力的なサウンドは控えめに、アンサンブルで緊張感や進行感を演出しています。前作が爆弾のようなラウドなアルバムだとすると、今作はナイフのように鋭さが際立ったアルバムと言えます。僕はスティーヴ・アルビニが、「先生」を付けて呼びたいぐらい好きなのですが、エンジニアがブライアン・ポールソンに交替した今作も、音が非常にいいです。

 初期衝動がときどき制御できずに暴発するような前作もいいのですが、今作は前作以上に完成度が高く、おすすめしたい1枚です。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください