Neko Case “Fox Confessor Brings The Flood” / ニーコ・ケース『フォックス・コンフェッサー・ブリングズ・ザ・フラッド』


Neko Case “Fox Confessor Brings The Flood”

ニーコ・ケース 『フォックス・コンフェッサー・ブリングズ・ザ・フラッド』
発売: 2006年3月7日
レーベル: ANTI- (アンタイ)
プロデュース: Darryl Neudorf (ダリル・ニュードーフ)

 ヴァージニア州アレクサンドリア出身の女性シンガーソングライター、ニーコ・ケースの4thアルバム。ただし、1stアルバムと2ndアルバムは、「Neko Case & Her Boyfriends」名義でのリリースです。

 あくまでアコースティック・ギターと歌を中心にした、フォークやカントリーを感じさせるサウンドでありながら、立体的なアンサンブルが展開され、モダンな空気も持った1枚。

 しかし、全体的な空気がカントリー臭くなりすぎないのは、ちょっとしたフレーズや音作りに、特定のジャンルからの借り物ではないアプローチを取り入れているから、そんなところに理由があるのではないかと思います。

 例えば1曲目の「Margaret Vs. Pauline」。ゆったりとしたテンポで、基本的にはカントリー然とサウンドとアレンジであるのに、再生時間0:26あたりで入るピアノの上昇していくフレーズが、現代的でオルタナティヴな空気をもたらします。

 このフレーズのように、音楽のフックにもなり、オルタナティヴな味付けをプラスするポイントが、随所に見つかります。この曲に関していえば、ピアノは全編で、いい意味で耳に引っかかる素晴らしいプレイをしています。

 3曲目「Hold On, Hold On」は、イントロからエコーのかかったボーカルと、空間系のエフェクターを使用した複数のギターが、幻想的な雰囲気を作り出しています。再生時間0:32あたりでドラムが入ると、途端にソリッドな音像に。このようなコントラストの作り方も、アルバムに彩りを添えています。

 アルバムのタイトルにもなっている6曲目の「Fox Confessor Brings The Flood」は、空間系のエフェクターがかかった、にじんで広がっていくようなギターのサウンドと、力強く伸びやかなニーコの声が溶け合う1曲。

 12曲目「The Needle Has Landed」は、緩やかにグルーヴするフォークロックのようでありながら、ストリングスと、ギターが音楽に奥行きを与えています。ヴァースとコーラスでの、ドラムのリズムの切り替えも良い。

 前述したようにカントリーを基本にしたアルバムですが、アレンジと音作りには、現代的な空気が漂います。ルーツ・ミュージックをロックの方法論で解体・再構築するというのは、USインディーの得意分野のひとつですが、このアルバムはルーツを現代的に組み換えるときのバランスが絶妙。

 また、アルバムを通して聴いてみると、カントリー以外にも、ゴスペルやブルース、初期ロックンロールの影響も感じられます。ルーツ・ミュージックをリスペクトし、その要素はしっかりと保存しつつ、回顧主義には陥らず、モダンな作品に仕立てた名盤だと思います。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください