Don Caballero “Don Caballero 2” / ドン・キャバレロ『ドン・キャバレロ2』


Don Caballero “Don Caballero 2”

ドン・キャバレロ 『ドン・キャバレロ2』
発売: 1995年9月15日
レーベル: Touch And Go (タッチ・アンド・ゴー)
プロデュース: Al Sutton (アル・サットン)

 1991年に結成されたペンシルベニア州ピッツバーグ出身のマスロック・バンド、ドン・キャバレロの2ndアルバムです。プロデューサーが前作のスティーヴ・アルビニから、アル・サットンに交代しています。

 暴力的なまでにハードなサウンドで、変態的かつ緻密なアンサンブルを作り上げたデビュー作『For Respect』に続く2作目。本作では、ハードなサウンドはやや抑え目に、複雑怪奇なアンサンブルを構成しています。

 しかし、ただおとなしくなったというわけではなく、音量のみに頼るのではなく、リズムとコントラストによって、緊張感や迫力を演出した1作です。

 1曲目「Stupid Puma」では、イントロからシンプルなギターの音色が響き、ハードな轟音で押し切った前作との、明らかな違いを予感させます。ただ、緻密で複雑怪奇なアンサンブルは健在。この曲も各楽器が複雑に絡み合い、いわゆるロック的なグルーヴ感とは違う、瞑想的な雰囲気を生み出していきます。

 2曲目「Please Tokio, Please This Is Tokio」は、こちらもイントロから、ギターの音が軽く歪んだクランチ的なサウンド。各楽器が絡まるような、バラバラにくずれ落ちるような、緊張感のあるバランスで進行していく1曲です。

 4曲目「Repeat Defender」は、クランチ気味のギターと、手数の多いドラム、その隙間を埋めるようにベースが躍動するイントロから、時空を切り裂くように耳障りなギターが乱入してくる展開。10分を超える曲ですが、展開が目まぐるしく飽きさせません。

 6曲目「Cold Knees (In April)」は、イントロから不穏な空気が漂う1曲。複雑なリズムと、絡み合うようなアンサンブルに耳が向かいがちですが、ハーモニーとフレーズの音の運びにおいても、相当に変わったことをしています。

 前述したとおり、前作に比べるとハードなサウンドは後退し、代わりにアンサンブルやヴォイシングで不穏な空気やスリルを演出したアルバムであると思います。ただ、前作で聴かれた攻撃的なディストーション・ギターは、本作でも随所に効果的に挿入されています。

 ひたすらアグレッシヴに押し寄せる前作と、アレンジと音量の両面でコントラストを作り出し、より緊張感を与える本作、といった感じの差違があります。

 個人的にドン・キャバレロは大好きなバンドで、本作も完成度の高いアルバムであるのは事実ですが、他の作品と比べると過渡期の1作といった印象で、1番にはすすめないかな、というのが正直なところ。

 もちろん僕の主観ですから、このアルバムが1番好きという方もいらっしゃるでしょうし、気になったらこのアルバムも、ぜひ聴いていただきたいです。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください