Don Caballero “What Burns Never Returns” / ドン・キャバレロ『ワット・バーンズ・ネヴァー・リターンズ』


Don Caballero “What Burns Never Returns”

ドン・キャバレロ 『ワット・バーンズ・ネヴァー・リターンズ』
発売: 1998年6月9日
レーベル: Touch And Go (タッチ・アンド・ゴー)
プロデュース: Al Sutton (アル・サットン)

 1991年に結成されたペンシルベニア州ピッツバーグ出身のマスロック・バンド、ドン・キャバレロの3rdアルバム。プロデューサーは前作に引き続き、アル・サットンが担当。

 過激なまでにハードなサウンドと緻密なアンサンブルが聴き手を圧倒した1st『For Respect』、ラウドなサウンドはやや抑え目によりアンサンブルを磨き上げた2nd『Don Caballero 2』。その2作に続く、3作目が本作『What Burns Never Returns』です。

 前作『Don Caballero 2』は、すべてを押し流すように轟音ギターを用いるのではなく、適材適所で効果的に用いられていたのですが、本作ではさらにサウンドの選び方、アンサンブルの精度の向上を感じます。

 1曲目の「Don Caballero 3」では、イントロから全ての楽器がシンプルで、無駄を省いたようなサウンド。その生々しいサウンドを用いて、手数多く、タイトなアンサンブルを築き上げていきます。ヴァース-コーラス形式のような進行感のある楽曲ではありませんが、再生時間2:06あたりからのドラムがシフトを切り替えるように、一瞬で景色が変わる展開など、次になにが起こるかわからない緊張感と期待感の続く1曲です。

 2曲目の「In The Abscence Of Strong Evidence To The Contrary, One May Step Outof The Way Of The Charging Bull」(タイトル長いですね…)は、細かく刻まれたギターのフレーズから始まり、粒のような細かい音が、結集して音楽を作り上げるような1曲。いわゆるグルーヴ感というのとは違う、不思議なトリップ感があります。

 5曲目「Room Temperature Suite」は、イントロのドラム、そこに折り重なってくるギターと、各楽器のリズムが複雑にかみ合っていく1曲。設計図を見てみたい複雑なアンサンブルですが、こちらに伝わる聴感は極めてポップです。

 前作同様、圧倒的な轟音ギターと変拍子で押しまくるのではなく、アンサンブルをさらに極めた1作であると思います。前作以上に、各楽器のサウンドは耳なじみが良く、ポップで聴きやすいサウンド・プロダクションに仕上がっています。

 しかし、複雑で変態的なアンサンブルは、もちろん健在。非常にテクニカルで、技巧的には難しいことをやっていると思うのですが、それを感じさせず、さらりと聴かせてします作品です。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください