Gastr Del Sol “Upgrade & Afterlife” / ガスター・デル・ソル『アップグレード・アンド・アフターライフ』


Gastr Del Sol “Upgrade & Afterlife”

ガスター・デル・ソル 『アップグレード・アンド・アフターライフ』
発売: 1996年6月17日
レーベル: Drag City (ドラッグ・シティ)

 デイヴィッド・グラブスとジム・オルークという、非常に個性の強い2人が集ったグループ、ガスター・デル・ソルの1996年リリースのアルバムです。

 アコースティック・ギターは不協和音を響かせ、ピアノは奇妙なフレーズを弾き、耳障りなノイズが飛び交い、アンビエントな電子音が持続し、飾り気のない優しい声のボーカルが歌う…このアルバムの音を言語化してみると、このようになります。

 いわゆるポップな音楽ではありませんが、アヴァンギャルドで取り付く島もないぐらいの作品かというと、そうでもありません。

 聴く人を選ぶ音楽であることは事実ですが、不協和音と思われていた響きが心地よく聞こえてきたり、耳障りなノイズと思っていた音が妙に耳に残ったり、という発見がいくつもある作品です。

 1曲目「Our Exquisite Replica Of “Eternity”」は、電子音が持続するアンビエントな1曲。再生時間2:30あたりから登場する、耳障りな高音ノイズがアクセント。

 2曲目「Rebecca Sylvester」は、どこか不穏な響きを持ったアコースティック・ギターに、素朴なボーカルが乗る1曲。途中から導入されるアンビエントな電子音が、不穏で幻想的な雰囲気をさらに色濃くします。

 3曲目「The Sea Incertain」は、捻れたピアノ・バラードといった空気の1曲。再生時間1:04あたりから近づいてくる電子音も、アンビエントで不可思議な空気感を演出します。アルバムを通して言えることですが、音質の選び方、音の置き方が、とても効果的だと思います。

 4曲目の「Hello Spiral」は、イントロから無数のノイズが飛び交い、それが過ぎ去ると、アンビエントな電子音とともに、牧歌的なボーカルとアコギが聞こえてきます。その後も再生時間2:30あたりから、複数のギターが重なっていったりと、次々と展開のある1曲。

 7曲目の「Dry Bones In The Valley (I Saw The Light Come Shining ‘Round And ‘Round)」は、フィンガー・スタイル・ギターの名手、ジョン・フェイヒィ(John Fahey)のカバー。イントロからアコースティック・ギターが大活躍し、アルバムの流れの中でほっとする1曲です。

 前述したとおり、明確な形式も持たず、誰でも楽しめる作品というわけではありませんが、随所にデイヴィッド・グラブスとジム・オルークという2人の鬼才の存在感が溢れる、スリリングな1作です。

 正直、一般的にはちょっと敷居が高いアルバムだとは思うのですが、ジム・オルークの歌モノが好きな方などにも、聴いてみてほしいです。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください