Neko Case “Blacklisted” / ニーコ・ケース『ブラックリステッド』


Neko Case “Blacklisted”

ニーコ・ケース 『ブラックリステッド』
発売: 2002年8月20日
レーベル: Bloodshot (ブラッドショット), Matador (マタドール), ANTI- (アンタイ)
プロデュース: Craig Schumacher (クレイグ・シューマッハ)

 「Neko Case & Her Boyfriends」名義も含めると、ニーコ・ケース3枚目のアルバム。2002年に発売された際には、アメリカ国内ではシカゴのオルタナ・カントリー系レーベル、Bloodshotから、ヨーロッパではニューヨークの名門レーベル、Matadorからリリース。そして、2007年にはANTI-から再発されています。

 アコースティック・ギターに加え、曲によってはバンジョーやスティール・ギターの音も聞こえ、根底にカントリーがあるアルバムなのは間違いありません。しかし、ニーコの声をはじめ、全体的にリバーブがかかったような音像を持っており、ローファイかつ幻想的な雰囲気も漂う作品です。

 ニーコ・ケースと言えば、オルタナ・カントリーの文脈で語られることが多く、前述したように本作もオルタナ・カントリーを得意とするインディペンデント・レーベル、Bloodshotからリリースされています。

 しかし、彼女の音楽性が毎回、ワンパターンかというと全くそんなことは無く、むしろカントリーをはじめとしたルーツ・ミュージックを、毎回違った方法で現代的に再構築しています。言い換えれば、根底には共通するものがありつつ、アプローチは毎回異なり、常に新しい音楽をクリエイトしているということ。

 本作『Blacklisted』も、カントリーにオルタナ的なディストーション・ギターを加えた、というような単純な折衷主義ではない、こだわりと技巧が随所に感じられる1作です。

 1曲目の「Things That Scare Me」では、イントロから複数のギターとバンジョーが絡み合うようにグルーヴを生み出し、躍動感をもって曲が進行していきます。使われている楽器もアレンジもカントリー色が強いのですが、ニーコの伸びやかなボーカルにはリバーブのようなエフェクトがかかり、どこかローファイな雰囲気。そのコントラストによって、カントリー要素を薄め、懐かしくも古さは感じないサウンド・プロダクションに仕上がっています。

 3曲目の「Outro With Bees」は、イントロからピアノとチェロが使われ、牧歌的な雰囲気。アコースティック・ギターのストロークからは、カントリーの香りが漂いつつ、それだけにとどまらない音楽的な奥行きが感じられる1曲です。この曲も、全体に朝靄がかかったようなサウンド・プロダクションで、幻想的な空気が増しています。

 アルバム表題曲の10曲目「Blacklisted」は、スティール・ギターのような響きも聞こえ、楽器の数が多い1曲。重層的なアンサンブルが、ただでさえサイケデリックな空気を醸し出しているのに、この曲でも全体にリバーブのような処理がなされ、ますますサイケ感を強めています。各楽器の音も良い。

 アルバム全体として、カントリーをはじめとしたルーツ・ミュージックの要素を、ローファイやサイケを思わせるサウンドで、再構築したような作品です。

 使用している楽器的にはブルーグラスを感じさせるところもありますが、できあがった音楽はどこかサイケでローファイな耳ざわりをしていて、このあたりのバランス感覚が、ニーコ・ケースの優れたところであると思います。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください