All Girl Summer Fun Band “2” / オール・ガール・サマー・ファン・バンド『2』


All Girl Summer Fun Band “2”

オール・ガール・サマー・ファン・バンド 『2』
発売: 2003年4月22日
レーベル: K Records (Kレコーズ)

 オレゴン州ポートランドで結成されたバンド、オール・ガール・サマー・ファン・バンドの2ndアルバム。

 1stアルバム『All Girl Summer Fun Band』は、ソフトなサウンド・プロダクションを持った、ややローファイの香りも漂う作品でした。それと比較すると、サウンド・プロダクションが遥かにソリッドになった本作。

 ギターも歪んだサウンドが増え、各楽器ともパワフルな音。輪郭がはっきりして、各楽器のプレイが認識しやすくなったということもありますが、アンサンブルもタイトに感じられます。

 しかし、彼女たちのオシャレでキュートな雰囲気と、素晴らしいコーラスワークは健在。音はハードになりましたが、長所は損なわれていません。

 2曲目「Down South, 10 Hours, 1-5」は、縦の揃ったリズム隊と、リード・ギターの絡みが心地よい、ゆるやかな疾走感のある曲。リズム・ギターとリード・ギターの役割分担もはっきりしていて良いです。

 4曲目「Jason Lee」は、コーラスワークもアンサンブルも立体的で凝ったアレンジの1曲。再生時間0:16あたりで、バンド全体がシフトを切り替えるようなアレンジも、コントラストを鮮やかに演出。

7曲目「Daydreaming」は、タイトルのとおりドリーミーで、音響的な1曲。ボーカルも幻想的な雰囲気をプラスしていて、前作よりも音楽性の引き出しが増えたことを感じさせます。

 8曲目「Video Game Heart」は、シンセと思しきサウンドがうねる1曲。うねるシンセとリード・ギターが絡み合うイントロは、サイケデリックな空気が漂います。その後も疾走感のある展開。芯の強い声で歌うボーカル、コーラスワークも素晴らしい。

 前作は全体的にオシャレでポップな空気が充満したアルバムでしたが、前述したとおり、今作は音がハードになり、ロック色の強まった1作です。

 とはいえ、ギターポップの範疇に入る耳なじみの良さと、さわやかで時に複雑なコーラスワークは健在で、ポップでカラフルなアルバムだと思います。

 この作品もぜひともオススメしたいのですが、残念ながら今のところデジタル配信はされていないようです…。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください